足を運べる場所で霊園を探そう
2017.04.24

遺影霊園探しに悩んでいる人はいませんか。「自分の希望に合った霊園で横浜市内を探すと、たくさんありすぎて困ってしまう」「田園都市線の霊園にしようと思って探しているが、なかなかこれといったものに見つからない」など、まずは自分の住んでいる場所の近くで霊園を探そうとする人が多いでしょう。その感覚は間違っていません。霊園は、足を運べる場所で探すのが一番です。

もしも素敵な霊園を見つけたとしても、見学に行くのもおっくうな場所だったらどうでしょうか。いざ埋葬されてからのお墓参りだって、絶対におっくうなはずです。誰もお墓参りに来てくれないのは寂しいですね。霊園を探すときには、「見学に出向くことが重荷にならない場所」を一つの目安にするのがポイントです。これは、自分だけではなく、子世代などお墓参りに来てくれる人についても同じことがいえます。希望の霊園が見つかったら、子世代を見学に誘ってみましょう。「そこは遠いから、自分は行けない」と言われたら、その霊園はあきらめたほうがよさそうです。

また、今は足腰が丈夫かもしれませんが、将来どのような身体になるかは、誰もわかりません。それは自分や配偶者のみならず、子世代にも言えることです。杖をついたり、車椅子を使ってもお墓参りができるところをという視点で探すと、かなり候補が絞られてくることでしょう。ただ、バリアフリーが徹底しているかどうかは、見学してみないと分かりません。実際に足を運んで、歩道のスペースは十分か、階段はないか、急な坂道はないかなどをチェックするのが肝心です。ただ、もしもバリアフリーになっていなくても、霊園の入り口近くの区画であればお参りしやすいかもしれません。入口近くは見晴らしの関係で少し値段が抑えめである可能性もあります。霊園担当者に、入り口付近の空き区画はあるかを尋ねてみましょう。

また、バリアフリーの視点で霊園を探せば、駅近以外の場所も候補に挙がる可能性が高まります。駅からのアクセスが不便なほど、ゆったりと広めの霊園が多いことが考えられるからです。「車で行くから、駅からは多少遠くても大丈夫」という感覚があるかもしれませんが、年を重ねると運転が困難になります。駅から遠いなら、駅からの送迎バスはあるか、タクシーでワンメーター程度で行けるかなど、自家用車を使わずともアクセスが容易な霊園を選びましょう。楽に足を運べる霊園とは、運転できなくなっても、身体が不自由になっても、行きたくなったらいつでもお墓参りができる霊園のことです。

▲ ページトップへ