横浜エリアで霊園を探すコツ
2017.04.24

墓のイラスト横浜エリアには、霊園がたくさんあります。お墓参りに行きやすい横浜で霊園を探したいと考えたら、田園都市線の霊園や都筑区の霊園など、まずは横浜のなかでも地域や沿線に範囲を絞って検索をかけてみるのが、候補を絞るコツです。駅から歩ける範囲で探しはじめ、希望の霊園が見当たらない場合は駅からタクシーに乗りワンメーターでたどり着ける範囲、自家用車で行ける範囲と、だんだんエリアを広げてみるのがおすすめです。

なお、お墓の事業形態によって候補を絞るという方法もあります。公営墓地で横浜エリアを探すなら、日野公園墓地、三ツ沢墓地、久保山墓地などがあります。市営墓地はいずれも公募の期間が限られており、人気のある墓地は募集しない年もありますので、まずは公募されるかどうかを調べてみるのがいいでしょう。民営の霊園には、お寺が直接管理運営している墓地と、民間会社が管理を任されている墓地とがあります。お寺が直接管理運営している墓地のなかには、お墓を購入すると檀家になることが義務付けられるものもあるため、注意が必要です。

民間会社が管理を請け負っている霊園には、種類があります。契約上の種類としては、子世代が受け継ぐことを前提としている継承墓と、一代限りで管理料を支払い続ける必要のない永代供養墓に大別されます。外見上の種類としては、通常の墓石型と、墓石の代わりに樹木を墓標とする樹木葬型に分けられるでしょう。またペットと一緒に眠れるお墓、たくさんの人と共に眠る合祀墓など、お墓によって特徴がありますので、まずは自分の希望によって候補を絞り込むのがおすすめです。安価傾向にあるのは公営の霊園ですが、個人のお墓を持つことにこだわりがないなら、より安価となる合祀墓を選ぶのも一手です。ただ、合祀墓は納骨すると多くの場合は他の人の遺骨と混ざってしまうため、後で遺骨を他のお墓へ移すことができません。安価だからと合祀墓を短絡的に選ぶのではなく、お墓参りをすることになる子世代とよく話し合うことが肝心でしょう。

気になる霊園があれば、必ず足を運んでみることをおすすめします。自分の家から近いエリアで霊園探しをしていると、「あのあたりの風景は知っている」と、つい見学を怠ってしまいがちです。しかし、実際に霊園から見える景色は、イメージしているものとは全く違う可能性があります。実際に見学に出向き、終の棲家となるところからの景色を肌で感じてみましょう。利便性や設備の良しあし、担当者の応対なども、実際に訪れなければわからないポイントです。

▲ ページトップへ